MENU

モビットのキャッシング上限額

モビットのキャッシング上限額は、1万円から最大500万円までとなっています。もちろん、全ての方が500万円満額利用できる訳ではありません。それぞれの収入に応じて、借入可能な金額が設定されるのです。主婦や学生の方は、モビット審査結果によりますが、収入が少ないことから数万円〜多くても10万円前後(の可決)になることが多いです。

 

【1万円から設定できるモビットのキャッシング】

モビットのキャッシング可能枠は、1万円単位で設定されるので大変便利です。人によっては、「3万円だけで十分」という方もいらっしゃいます。この点、モビットなら小額融資から大口の融資まで幅広い部分をカバーしているので安心です。

 

【キャッシングの使い過ぎを未然に防げる】

モビットは1万円から借入できるので必要な分だけ利用し、キャッシングによる使い過ぎが未然に防げます。万が一借り過ぎてしまった場合は、早めに完済しておきましょう。

 

モビットの借入は、無制限に可決される訳ではありません。総量規制というルールに基づいて、年収の3分の1という借入できるラインが決められているのです。例えば、年収120万円のフリーターの方がモビットを利用される場合、可決される金額は40万円以下に設定されます。もちろん、この数字は他のカードローンで借入がない場合の金額です。クレジットカードやカードローンの借入が既にあれば、40万円より少ない金額が設定されます。

 

【総量規制とモビット】

モビットは、三井住友銀行グループのカードローン会社ですが、総量規制外の貸付けは行っていません。ただ、おまとめローンなど「借金の一本化」を目的にした貸付けに関しては、総量規制外の融資として年収の制限は設定されません。

 

おまとめを希望される方は、申し込みの際「おまとめ希望」の項目にチェックを入れておいてください。通常の融資よりも難易度を下げて、審査が行われるはずです。もちろん、収入に見合わない無理な借入は、おまとめ用であっても可決されません。無理のない範囲で、他社での借入を整理するよう努めましょう。

モビットの返済方法

モビットでは「借入後残高スライド元利定額返済方式」と呼ばれる返済方法を採用しています。これは、借入後の最終残高に応じて返済額が決定される仕組みです。例えば、借入残高が90万円〜100万円までの金額であれば、月々の返済額は26,000円に設定されます。この金額は、借入残高が少なくなれば少なくなるほど、返済額も比例して減額されていきます。

 

これも一例ですが、50万円〜60万円の借入残高があれば月々の返済額は16,000円になり、20万円〜30万円以下の残高では11,000円、10万円以下になれば毎月の返済額はたった4,000円にまで減額されます。細かな数字はモビットの公式サイトにて確認してみてください。

 

借入の金額が100万円を越える場合は、20万円毎に4,000円ずつ増額して返済していきます。例えば、120万円の借入残高があれば、26,000円(90万円〜100万円以下の借入で適用される返済額)に4,000円を足した30,000円が、月々の返済金額になります。もちろん、返済の回数が重なれば徐々に返済金額はスライドして減額されていきます。

 

【モビット・二種類の返済方法を用意】

モビットでは、ATMにて自ら返済を行うか、指定する口座から振替をする二種類の返済方法があります。振替の場合は毎月5の付く5日、15日、25日のいずれか、もしくは月末の4種類から返済日が自由に選べます。

 

また、ATM返済の場合は期日までに(ATMの設置されている)コンビニエンスストアもしくは、提携銀行のATMから返済を行ってください。余裕があれば繰り上げをして返済することも可能です。ボーナスや臨時収入があれば、できるだけ早めに返済するよう心掛けましょう。早めに返しておけば、その分利息の支払いが少なく済みます。